Sponsored Link

cupnoodle_light03

日清カップヌードルの低カロリー版、カップヌードル比-159kcalで1食あたり198kcal。
カップ麺の高炭水化物を改善させ、PFC(たんぱく質・脂質・炭水化物)バランスを良くしています。

油で揚げる製法ではなく、高温の油を噴射し加工する技術を使っている為に、必要最小限度での揚げ麺となっています。ノンフライだと麺の味は劣りますが、これは美味しいです。
カップ麺を含むインスタント食品は、実際にはカロリーは低めですが炭水化物に偏っているので太りやすい食品です。栄養バランスをしっかり考えた食事の上で食べるならば大丈夫なのですが、カップ麺好きな方の多くは、きっと栄養バランスは考えていないと思われます。
カップヌードルライトでは、カップ麺1つを食べて、さらにサラダやおにぎりなども一緒に食べれるのが魅力。食物繊維も非常に多く、10.2gとかなり多めに摂取できます。ダイエットには食物繊維を多く摂る事が大切ですが、単体1食で10gは魅力的です。
食べた感想は、通常のカップヌードルよりさっぱり味です。脂質カットされているので、コクが抜けている感じ。とはいえ、このカロリーでよくここまで美味しい商品が出来ると感心します。
通常のカップヌードルとカップの大きさは一緒だけど、麺の量は若干少なめ。カップヌードルは今年にコロチャ(サイコロ型チャーシュー)に変わりましたが、ライトは今までどおりの味付豚肉です。エビ・卵も入っていて、しっかりカップヌードルなのが嬉しいですよ。
ダイエットの為にカップ麺を我慢してストレスをためてしまう方、オススメ! 私のお気に入りです。

◆短所1
塩分が非常に高めなのが短所。スープは、必ず残しましょう。そうすれば、おおよそ半分の塩分摂取を控える事ができるので、2.3~2.5g程度の塩分摂取となります。

1日10g以下が望ましい塩分。ダイエットとともに低塩分食にも慣れて健康ダイエットを目指しましょう。

◆短所2
ビタミンが劣っています。サラダ・野菜ジュース・フルーツジュースなどから摂りましょう。
カルシウムは単体では優秀です。しかし1食分には足りません。ヨーグルトや牛乳・チーズなどでカルシウムを摂取しましょう。

◆栄養成分(メーカー値)
エネルギー 198kcal
たんぱく質 9.1g
脂質 4.7g
糖質 24.8g
食物繊維 10.2g
ナトリウム 1.8g
ビタミンB1 0.12mg
ビタミンB2 0.16mg
カルシウム 94mg
食塩相当量 4.6g

◆販売
全国スーパー・薬局など
販売価格帯:120~140円

Sponsored Link