Sponsored Link

バーニャカウダ カップヌードルライト+ 上部フタの撮影 バーニャカウダ カップヌードルライト+ パッケージ側面撮影

人気のバーニャカウダがカップヌードルライトで発売されています。
アンチョビ風味のミルクっぽいスープがさっぱりとしています。

ラタトゥイユと同時に発売され、若い女性をターゲットとして発売されています。
すすらなくても食べられる短めのヌードルで、スープとヌードルを上品に??楽しめます。
(カップ麺に上品って言葉が合うかどうか微妙ですが(笑))

野菜が多め、かぼちゃ・赤パプリカ、インゲン、レンコン、玉ねぎ、キャベツという具材は、カップ麺では無い組み合わせです。
肉類まったくありません。

バーニャカウダ カップヌードルライト+ お湯を入れた完成を撮影

このように箸で掴むんだ写真程度が、ヌードルの長さです。
すすらずにそのまま口に運べる長さです。

バーニャカウダ カップヌードルライト+ 完成・麺のアップ

塩分はやや高めですが、さっぱりしているスープがなかなか美味しいです。
昼食ならばこれにおにぎりやパンをつければ、調度いいカロリーになります。
ダイエットを頑張っているならば、タンパク質が低くならばいよう、豆腐・ゆでたまご・サラダなどと組み合わせると、コンビニでも栄養のバランスを整えられるのではないでしょうか。

バーニャカウダ カップヌードルライト+ 栄養成分表の拡大

カップ麺のありきたりな醤油豚骨や味噌といった味からはかけ離れた、お洒落な味です。
昼食や夜食で軽く済ませたい時には便利です。

 

Sponsored Link